体への効果効能について

| 未分類 |

春になると花粉症の季節にもなってきます。

まだ花粉症になっていない方は今後かかった時に風邪とどう区別をしていいのか、体にはどんな影響を及ぼしているのかをまとめていきます。

花粉症の症状としては鼻水、くしゃみ、鼻づまり、目のかゆみなどが症状として現れてきます。

これはアレルギーに反応したことでおこり、一度かかってしまうと完治は難しいといわれています。

親がかかっていると子どもに遺伝するとも言われており、年々その数は増加傾向にあります。

原因としては、アレルゲンといわれる異物が入ってくると、この異物を追い出そうと免疫をつくろうとしており、この動きに過剰に反応してアレルギー反応がおこります。

60種類もの花粉があり、中でも多いのはスギ花粉です。

主に三月から四月にかけて大量発生する花粉の一種です。

くしゃみがとまらなくなったり、目が痒い等の反応が現れたらアレルギーも専門に取り扱っている耳鼻科を受診するようにします。

くしゃみや鼻水が花粉症にかかると引き起こされるのは、それらの異物を持ち込まないように、ブロックしているといわれており、酷い人はそれらの異物が入り込みすぎたり、逆に追い出そうと必死になって悪化したりしています。